ポイント&フィギュアチャート(秘伝チャート)自動作成プログラム

カテゴリ

検索フォーム

最新記事

読め!

オススメ

プロフィール

月別アーカイブ

タグ

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

QRコード

禁断のマクロ「ver.7xx」の特長のご紹介

みなさん、お待たせいたしました。

この「禁断のマクロ」は、すべての為替王ファンに贈る、
ポイント&フィギュアチャート(秘伝チャート)+売買ジャッジ(MACD改)を自動作成する、エクセル用のマクロです。

このポイント&フィギュアチャートは手書きで作ると、けっこう手間がかかるんですよね。
せいぜい2~3通貨ペア分、作成するのが精一杯じゃないでしょうか?

しかし、そんな苦労とも、もうおさらばです。


このマクロを使えば、28通貨ペアx3種類の枠設定=
合計84枚のチャートがほんの数分でできあがります。

本当はもっといろんな通貨ペアもチェックして投資のチャンスを得たい!
と思っていた方や、毎朝のチャート作成に追われていた方には、
最高のものが出来上がりました。

使ってみたい!という方は、
メールの題名に「禁断のマクロ希望」とお書きになって
下記のあて先までメールください。
お試し版ダウンロードURLをメールにてご案内いたします。

メールのあて先: kawaseohji◎gmail.com
(◎を半角@に置きかえて送信してください。)



今回の「ver.7xx」の特長をご紹介します。

28通貨ペアx3種類の枠設定=
84枚のチャートを数分で描きあげます。


巷によくあるポイント&フィギュアチャートを描くソフトは、いちいち通貨ペアの選択、枠の設定や他のパラメータの設定をしてから、やっと1枚のチャートを描きますが、この禁断のマクロは、主要な28通貨ペアと、各3種の枠設定で、84枚のチャートを数分で描きます。もちろん設定の変更も可能です。

作成できる通貨ペアは、USDJPY、EURJPY、EURUSD、GBPJPY、GBPUSD、CADJPY、USDCAD、AUDJPY、AUDUSD、USDCHF、NZDUSD、EURGBP、NZDJPY、CHFJPY、EURCHF、ZARJPY、HKDJPY、GBPCHF、SGDJPY、AUDCHF、AUDNZD、NZDCHF、CNHJPY、EURAUD、TRYJPY、GBPAUD、USDTRY*、USDZAR* の28通貨ペア。
※1、USDTRY、USDZARは、USD/JPYの値を、それぞれTRY/JPY、ZAR/JPYの値で割ったものを使用しています。
※2、M2Jからデータを読み込んだ場合は、USDJPY、EURJPY、EURUSD、AUDJPY、AUDUSD、NZDJPY、NZDUSD、CADJPY、GBPJPY、TRYJPY、HKDJPY、ZARJPY、の12通貨ペアだけです。

上記の28通貨ペアx3種類の枠設定=84枚のチャートを数分で描きあげます。



ターゲットの自動計算。
前回のシグナルからの水平(だんご)計算と、垂直(せのび)計算のターゲットが、
計算式と同時に表示されます。

下の画面では、5/22(金)終値で、出た上昇シグナルのターゲットが表示されています。
1行目がターゲットが出た日付と、その日の終値。
2行目、3行目が水平(だんご)計算での計算式と、ターゲット122.204が表示されています。
その下には、垂直(せのび)計算での計算式と、ターゲット123.214が表示されています。


また、チャートの折り返し地点には、
日付と折り返した値が表示されます。

折り返し地点の値が表示されないソフトが多いのですが、
それだと、いちいちデータをさかのぼって確認しないといけません。
そういう手間を省くために、チャートの折り返し地点には値が表示されます。
これによって、ターゲット計算や損切りポイントなどが
明確にわかるようになります。



いつも言いますが、このポイント&フィギュアチャートは
シグナルが出た時の、チャートの形状が重要で、
自動計算のターゲットだけに頼るのではなく、

みなさん自身でもターゲット計算していただいて、
どんな局面でも利益を出せるようにしていただきたいと思います。



一覧表で簡単シグナルチェック!

今までは、秘伝チャートと売買ジャッジができあがった後、

シグナルは出ているのか?
チャートの形状はどうか?
売買ジャッジの数値はどうか?

など、各通貨ペアのシートを1枚1枚確認していかなくてはダメでした。


そうした手間を省いてくれるのが、秘伝チャートと売買ジャッジの重要項目を、
一覧で表示しているのが「Sheet1」のH列~L列の部分です。

これによって、全部のチャートを確認しなくても、
まずは、一覧表でシグナルが出ているのか確認する。
売買ジャッジの数値を確認する。
気になる変化があれば、その通貨ペアのシートを確認する。
と、いうふうに毎朝の相場チェックが、かなり楽になりました。

具体的には、別ページで説明していきます。



以上、特長をご紹介しましたが、
ただいま、お試し版を公開していますので、使ってみたい!という方は、
メールの題名に「禁断のマクロ希望」とお書きになって
下記のあて先までメールください。ダウンロードURLをメールにてご案内いたします。

メールのあて先: kawaseohji◎gmail.com
(◎を半角@に置きかえて送信してください。)


関連記事
禁断のマクロ「ver.7xx」の特長
禁断のマクロ「ver.7xx」の動作環境、基本設定など
使い方(1) セントラルバージョン
使い方(2) M2Jバージョン
使い方(3) 日経225バージョン
使い方(4) NYダウバージョン
使い方(5) 汎用バージョンで米ドル円長期チャート作成
使い方(6) 汎用バージョンで日経平均の長期チャート作成
Sheet1、一覧表の見方

スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  2016年04月13日 17:53:20 編集

管理者だけに表示する