秘伝チャート(ポイント&フィギュアチャート)+売買ジャッジ自動作成マクロ

カテゴリ

検索フォーム

最新記事

読め!

オススメ

プロフィール

月別アーカイブ

タグ

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

QRコード

セントラルバージョンの使い方

では、実際に使っていきましょう。

たぶん一番カンタンで、一番使われているであろう、セントラルバージョンから。
ファイル名: pfc3_cen_v703.xlsm。(お試し版は、pfc3_cen_v703test.xlsm)

Step 1
1、データ読込ボタンを押して、データを読み込む。


Step 2
2、チャート描画ボタンを押してチャートを描く。

たったこれだけです。




これでは、あまりにカンタンすぎるので、画面写真を見ながら説明していきます。

まずファイルを開くと、警告が出ますが、「マクロを有効にする」、「コンテンツを有効にする」などを選んでおいてください。
(無効にするとマクロが動かなくなります。)

セントラルバージョンはマクロからIE(インターネットエクスプローラー)を呼び出してデータを取得しますので、IEがインストールされていて、インターネットにつながっている状態で利用してください。


まず、Sheet1を見てください。左上にこんなボタンがあると思います。(エクセル2007の画面です。)


最初に、1、データ読込ボタンを押してください。
すると次々とデータが読み込まれますので、しばらくお待ちください。



データがちゃんと読み込まれたかどうか、確認してみましょう。
USDJPYのシートを見てください。上に古いデータ、下に新しいデータ、いわゆる日付昇順で、
I列~M列の2行目~201行目に200日分読み込まれていたらOKです。
20150703img9.png


では、次にチャートを描いていきましょう。

同じように、2、チャート描画ボタンを押してください。
PCの性能や枠設定によりますが、数分から10分弱くらいで描き終わると思います。


以上です。


関連記事
禁断のマクロ「ver.7xx」の特長
禁断のマクロ「ver.7xx」の動作環境、基本設定など
使い方(1) セントラルバージョン
使い方(2) M2Jバージョン
使い方(3) 日経225バージョン
使い方(4) NYダウバージョン
使い方(5) 汎用バージョンで米ドル円長期チャート作成
使い方(6) 汎用バージョンで日経平均の長期チャート作成
Sheet1、一覧表の見方

スポンサーサイト
コメント

管理者だけに表示する