ポイント&フィギュアチャート(秘伝チャート)自動作成プログラム

カテゴリ

検索フォーム

最新記事

読め!

オススメ

プロフィール

月別アーカイブ

タグ

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

QRコード

禁断のマクロ、Q&A

使い方など、いくつかご質問をいただきましたので、ここでまとめて回答させていただきます。

1、動作環境は?
2、Macで動きますか?
3、エラー「インデックスが有効範囲にありません。」が出た場合。
4、枠設定を変更したい場合。



1、動作環境は?

このマクロはマイクロソフト社のエクセル(2007以降)専用です。
ですので、他社のソフト、Open office org や、Googleドキュメントなどでは、ファイルを開くことはできても、マクロを実行することはできません。

セントラルバージョンはIE(インターネットエクスプローラー)を利用し、データを取得しますので、IEがインストールされていて、インターネットにつながっていることが条件となります。

こちらで動作確認しているものは、
windows XP + エクセル2007
windows Vista + エクセル2007
windows Vista + エクセル2010
windows 8(64bit) + エクセル2013
以上の組み合わせです。



2、Macで動きますか?

僕自身がMacを持っていないため、正確な確認はできておりませんが、以前お試し版を使っていただいた方からのご報告では、

office Mac で利用した場合、セントラルバージョンの「AllDataLoad」が動きません。
Macには、IEがインストールされていないため、データ自動取得ができません。

M2Jバージョンの「AllDataLoad」も読み込むと日付がおかしくなる、ズレる現象が報告されています。

各自で、データを用意していただいて、手動でI列~M列に貼り付けた上で、「AllWriteChart」を実行すると、なんとか動くようです。



3、エラー「インデックスが有効範囲にありません。」が出た場合。

これはM2Jバージョンで、為替データがちゃんと読み込めなかった場合に出る場合が多いエラーメッセージです。
考えられる原因としましては、

M2Jバージョンの場合、

・M2Jからダウンロードした為替データファイルが開かれていない。
→為替データファイルと、禁断のマクロのファイルと両方開いた状態でデータ読み込み、AlldataLoadを実行してください。

・入力した為替データファイル名が間違っている。
→拡張子が抜けている場合や、全角で入力されているなど。
→全角・半角・大文字・小文字も区別されますので、間違えないようにしてください。

・個別の為替データをダウンロードしてしまっている。
→このマクロはM2Jの全通貨ペア一括ダウンロードのファイルにのみ対応しています。米ドル円だけ、ユーロ円だけのチャートが見たい場合も、全通貨ペア一括ダウンロードのファイルからデータを読み込んでください。



4、枠設定を変更したい場合。

枠設定を変更したい場合は、「Sheet1」にあります、B列、C列、D列の数値を変更してください。最初は僕が適当かな?と思われる数値を入力してあります。

USD/JPYの枠設定を変更したいならば、B2のセルに1枚目の設定数値、C2のセルに2枚目の設定数値を入力して、マクロのAllWriteChartを実行すると、新しい設定で書き直してくれます。



以上のQ&Aを参考にしてみて、それでもうまく動かない場合は、メールにてお問い合わせください。

メールのあて先: kawaseohji◎gmail.com
(◎を半角@に置きかえて送信してください。)


関連記事
ポイント&フィギュアチャート自動作成マクロ公開!!
使い方その1(M2Jバージョン)
使い方その2(セントラルバージョン)
禁断のマクロ、Q&A
使い方その3.1(米ドル円長期チャート作成)
使い方その3.2(日経平均、NYダウのチャート作成)
スポンサーサイト
コメント

管理者だけに表示する