ポイント&フィギュアチャート(秘伝チャート)自動作成プログラム

カテゴリ

検索フォーム

最新記事

読め!

オススメ

プロフィール

月別アーカイブ

タグ

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

QRコード

皆さまからのご質問のお答え。と、使い方サポート(チャットワーク)終了のお知らせ。

使い方サポートのチャットワークが、ほとんど利用されていないので、この度、終了することにしました。今後、ご質問はブログ上でお答えしていきたいと思います。

では、さっそく、、、
(お名前はイニシャルにしております。)
--------------------
Tです。前回は丁寧に教えていただきありがとうございます。また質問があります。
0.1枠、0.2枠、0.5枠の中では、普通は0.1枠から順番にシグナルが出るものなのでしょうか。シグナルが順番に出るごとに、シグナルの確実性が高まるのでしょうか。
judgeの数字については、だいたいのとらえ方としては、0.1以上が勢いがある、0〜0.1がやや弱い、マイナスが弱いくらいで考えればよいでしょうか?よろしくお願い致します。
--------------------


>0.1枠、0.2枠、0.5枠の中では、普通は0.1枠から順番にシグナルが出るものなのでしょうか。

だいたいはそうですが、0.1枠と0.2枠が同時に出たりする場合もあります。



>シグナルが順番に出るごとに、シグナルの確実性が高まるのでしょうか。

「シグナルが順番に出る」ということが、どのようにイメージされているのかがわかりませんが、同じ方向のシグナルが出るたびにターゲット到達確立は下がっていきます。
つまり、0.1枠で、1回目のシグナルが出たとき、ターゲットも同時に計算できますが、それが一番到達確立が高くて、2回目3回目とシグナルが連続するたびに到達確立は下がっていきます。ですので、1回目のシグナルを見逃さないのが効率よく、また優位な勝負をするコツになります。



>judgeの数字については、だいたいのとらえ方としては、0.1以上が勢いがある、0〜0.1がやや弱い、マイナスが弱いくらいで考えればよいでしょうか?よろしくお願い致します。

これは売買ジャッジ、または単にジャッジと呼んでいますので、今後はそれで統一します。
これは数字の大小ではなく、プラスかマイナスか、また変化を見ていただきたいです。例えば日経平均やNYダウなどの数値は100や200を超えるような数値になることもあります。分析対象の価格の大小でジャッジの大小も左右されるのでご注意ください。

基本的な使い方としては、買いシグナルが出たけども、ジャッジがマイナス圏ならば、勢いが弱くてターゲットまで到達しないのではないか?と判断します。その場合はエントリーするなら通常よりもポジションを小さめにするとか、もしくは見送りするのがいいと思います。

例えばこちらの記事の中に掲載されているNYドル円のチャートで、1/22に売りシグナルがでていますよね?
http://kawaseohji2.blog.fc2.com/blog-entry-337.html

売りシグナルが出ているのですが、売買ジャッジはプラスでしたので、これはあまり期待できないシグナルと言うことになります。結果これはダマシだったので、それでよかったのですが。これを売りの1回目のシグナルだ!と思って大勝負に行ってたら、大ヤケドを負うハメになってました。

このように基本はポイント&フィギュアのシグナルをメインにして、買い、または売りのシグナルが出たときに、売買ジャッジの数値を参考にエントリーするかどうか決める。というのが基本になると思います。

また皆さまもご質問などありましたら、ブログ上でお答えしますので、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
コメント

管理者だけに表示する