秘伝チャート(ポイント&フィギュアチャート)+売買ジャッジ自動作成マクロ

カテゴリ

検索フォーム

最新記事

読め!

オススメ

プロフィール

月別アーカイブ

タグ

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

QRコード

使い方その1(M2Jバージョン)

ここではポイント&フィギュアチャート自動作成マクロ(M2Jバージョン)の使い方を説明します。
簡単な流れはこのようになります。

1、為替データをM2Jのサイトからダウンロードする。
2、マクロで為替データを読み込ませる。
3、チャートを描く。


まずはM2J社のホームページから為替データを取得し、エクセルのブック形式で保存します。

M2Jのトップページ(http://www.m2j.co.jp/)から、 サイトマップをクリック。そしてマーケット情報の下にある、ヒストリカルデータをクリックします。 すると下のようなページに移動すると思いますので、 一番下の全通貨ペア一括ダウンロードの横の「日足」をクリックします。
20130627img1.png

クリックすると、開くか、または保存しますか?と聞かれますので、
開くをクリックしてください。

するとエクセルが立ち上がり、ダウンロードしたデータファイルが表示されますので、エクセルのメニューから、名前をつけて保存>Excelブック形式で保存してください。

保存するときのファイル名はそのままでもかまいませんし、お好きな名前をつけてもらってもかまいません。
(エクセル2007の画面です。)
dl1_img03.jpg

M2Jからダウンロードした段階では、データはCSV形式になっています。 そのデータを一旦エクセルで読み込んで、エクセルの形式で保存するために、 上記のような作業が必要になります。

保存し終わったら、その為替データファイルは開いた状態にしておいてください。 そして保存したファイル名と最新のデータがある行数をメモしておきましょう。
下記のような場合では、「1623」とメモしておきましょう。
20130627img2.png

次の段階でデータを読み込ませるワケですが、M2Jからダウンロードした
為替データファイルと、
ポイント&フィギュアチャート自動作成マクロのファイル
両方を開いた状態にしておいてください。

そして、そのまま、
ポイント&フィギュアチャート自動作成マクロのファイルの「Sheet1」を見てください。

A21のセルに、M2Jから取得し、エクセル形式で保存したファイル名を入力し、
A23のセルには最新データのある行数を入力してください。(下図では空欄になっています。)
A25のセルには本体のファイル名を入力してください。(本体ファイル名を変更した場合は、ここも変更すること。)
20130808img6.png


入力がすんだら、エクセルのメニューから、表示>マクロの下三角>マクロの表示、とクリックしていきます。
表示をクリック。
20130627img4.png


マクロの下三角>マクロの表示をクリック。
20130627img5.png


するとマクロの選択画面が出てきますので、「AllDataLoad」を選択し、反転表示させて、「実行」をクリックします。
20130627img6.png


すると一瞬のうちにデータ読み込みが完了します。
ちゃんと読み込まれているか、確認してみましょう。

USDJPYシートを開いて、201行目のI~Mのセルを見てください。 M2Jから取得した為替データの最新行のA~Eのデータと同じでしょうか?同じであれば正常にデータ読み込みが完了していますので、次のステップに移りましょう。

※この自動作成マクロは、M2Jの為替データファイルから、A16のセルに入力した行数から、過去200日分のデータを取得し、チャートを作成するようになっています。
※A16のセルには「201」以下の数値を入力しないでください。
データが読み込めず、エラーとなります。



ここまできたら、あとはチャートを描くだけです。

エクセルのメニューから、表示>マクロの下三角>マクロの表示、とクリックしていきます。 マクロの選択画面が出てきしたら、今度は「AllWriteChart」を選択、反転表示させて、「実行」をクリックします。

あとはパソコンの性能にもよりますが、数分で11通貨、2種類のチャートが出来上がります。

途中でエラーなどが出た場合や、うまく動かない場合などは、下記までメールください。

メールのあて先: kawaseohji◎gmail.com
(◎を半角@に置きかえて送信してください。)
スポンサーサイト
コメント

管理者だけに表示する