ポイント&フィギュアチャート(秘伝チャート)自動作成プログラム

カテゴリ

検索フォーム

最新記事

読め!

オススメ

プロフィール

月別アーカイブ

タグ

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

QRコード

最近、気になる。ボリンジャーバンドとの組み合わせ。

みなさん、秘伝チャートでのトレードで儲かっていますか?

僕が最近、気になっているのがボリンジャーバンドとの組み合わせ。これの元ネタというのが、M2Jさまの会員向けレポート「現役ファンドマネージャーの"極意"」2015/06/04の記事だ。

ちょ~簡単にまとめると…
「大相場は概ね1シグマのラインの外で推移する(中略)」
「1シグマ抜けでポジションを取り、1シグマの内側に相場が入ったら手仕舞う(中略)」
ということだ。

秘伝チャートでのトレードで難しいのは(弱点と言ってもいいかもしれない…)、どこまで引っ張るか。基準枠のターゲットで利益確定するのか、2倍枠のターゲットまで引っ張るのか、それともさらにその先まで…その判断が難しい。

昨年や一昨年の年末の大相場のような状態になった場合、秘伝チャートでは次々に上昇シグナルが発生し、いったいどのターゲットで利益確定したらいいのか?わからなくなった方が多いと思う。
そこでボリンジャーバンドの1シグマも合わせて見る、という手法。

僕の作った、ポイント&フィギュアチャート+売買ジャッジ自動作成マクロの、売買ジャッジが作成されるシートの右の方は空いてるので、そこにボリンジャーバンドの計算式を入れてみた。下はその画像だ。


今回、10/15の朝に3円分ほどの値幅を期待し、119円で売りポジションをとった。
結果的には損切りするハメになったのだが、ボリンジャーバンドも合わせて見ていると、10/19の終値、10/20の朝には、1シグマの内側に入って、大相場ではなくなった!?と見ることができる。
秘伝チャートの損切りポイントは120円台なのだが、ここで損切りしていれば50銭分ほどの損ですんでいた。

これが絶対、とは言えないが、最近、秘伝チャート、売買ジャッジとあわせて、僕がよく見ているのが、ボリンジャーバンドの1シグマだ。

スポンサーサイト
コメント

管理者だけに表示する