ポイント&フィギュアチャート(秘伝チャート)自動作成プログラム

カテゴリ

検索フォーム

最新記事

読め!

オススメ

プロフィール

月別アーカイブ

タグ

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

QRコード

米ドル円と、トルコリラ円。

さてさて、今週もはじまりましたね。
と、いいますか、皆さまはGWですか??
日本はGWでも為替相場は動いてますので、いつものごとくチャートを確認していきましょう。

まずは、GW円高が心配される、米ドル円。


為替王様のブログを引用させていただくと、
「レンジ相場(保ち合い相場)が続いているとの認識で、ただ、今週も、そのレンジが続くというよりは、レンジから下抜ける可能性を警戒したい状況になっていると判断します。」

まさにチャートを見てもその通りで、なんとか118.9円台で踏ん張っております。
しかし売買ジャッジがまっ赤ですし、GW円高の法則を信じるとするならば、ここから崩れるんだろうな、というのは簡単に予想できます。


それよりまずいのが、トルコリラ円。
トルコリラ円基準枠です。


これは・・・ゲームで敵に大技決められた時の敗北感みたいなものがありますね。
(うわっ、ヤバッ、残り体力どうなんだろう??みたいな・・・)

逆に売りポジション持ってる方は勝ち誇った、満面の笑顔でしょうけど・・・。

為替王様もハッキリ「ズバリ1リラ=42円台です。」と書かれていますが、上の画像にあるようにせのび(垂直)計算で、42.111円が下落ターゲットになります。

昨年からトラリピスタートした方で、為替王さまと同じ100万円で、5銭刻みの設定なら、もう完全にロスカットでしょう。すでにあるポジションを損切りしたり、注文を間引て間隔を広げないとヤバいでしょう。

打ち回しも、同じ水準まで上げないと利益がでないので、チャートをさかのぼって見てみると、昨年12月に天井をつけてから、下落トレンドが約5か月続いてるわけですから・・・。GW明けてすぐに上昇トレンドが来たとしても、同じ水準に戻るのに5カ月かかると想定した場合、ポジションがさばけるのは10月以降ということになりますしね。

GWの円高のあとは、お盆の円高も毎年のようにありますし。
設定に余裕のない方は苦しい時期です。

なんとか乗り越えて、相場の損は、相場で取り返していきましょう!

スポンサーサイト
コメント

管理者だけに表示する