ポイント&フィギュアチャート(秘伝チャート)自動作成プログラム

カテゴリ

検索フォーム

最新記事

読め!

オススメ

プロフィール

月別アーカイブ

タグ

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

QRコード

映画を観てました。ウルフ・オブ・ウォールストリート

先日、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」というDVDを借りて観てました。
相場師の話かな?と思っていたらセールスマンの話でした(爆)

株のセールスで成功した(と呼べるのか?)、ウィキペディアによると、”ジョーダン・ベルフォートの回想録『ウォール街狂乱日記 - 「狼」と呼ばれた私のヤバすぎる人生』を原作とした”、映画だそうです。
さらに、”「強い性的なコンテンツ、写実的なヌード、薬物の使用、言語、いくつかの暴力場面」のためにR指定となった。”、映画でもあります。

たしかに、女性が観て気持ちいいものではないですね。
男の欲望を全開にしたような映画でした。

ただ「勢い」みたいなものは感じました。
成功する人(この映画の場合はそう呼べるのか疑問ですが・・・)
何かに秀でてる人、頭ひとつ抜き出る人は、
普通の人とは違った「勢い」みたいなものがありますよね。
オーラというか、カリスマ性というか。

映画の中で、レオナルド・ディカプリオが演じる、ジョーダン・ベルフォートも、自分の理想というか、欲望というか、それにまっしぐらに突っ走っていき、その姿にいろんな人が付いてくる、というシーンが印象的でした。


女性の方には、あまりおすすめできませんが、機会があれば一度観てみてください。


スポンサーサイト
2014年09月07日 | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと
コメント

管理者だけに表示する