ポイント&フィギュアチャート(秘伝チャート)自動作成プログラム

カテゴリ

検索フォーム

最新記事

読め!

オススメ

プロフィール

月別アーカイブ

タグ

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

QRコード

マイナス金利という、黒田バズーカ!?

金曜日の午後、トラリピの約定メールがいっせいに来るので、何が起きたのか?と思ってニュースを見たら、マイナス金利という、黒田バズーカ!?でした。
先週から、ユーロ円は「売り」と言ってましたが、損切りするハメになりました。みなさんも早めに損切りできましたか?

これで一旦、仕切り直し。またチャート見て、方向を確認して勝負していきたいと思います。
スポンサーサイト
2016年01月30日 | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

気になるユーロ円、今週どうなる?

先週ちょこっと書きましたが、ユーロ円は2倍枠ではぎりぎり買いシグナルはでていません。
ユーロ円、2倍枠です。


ということで、売りポジション持ってる方は(僕を含めて)損切りはまだしない、という判断になります。



じゃぁ、傷口が広がるのでは?と考えてしまうのですが、幸い救いなのが、EUR/USD相場。
ちょっとチャートを確認しましょう。EUR/USD、2倍枠です。


金曜日は対円相場は全体的に上がりましたが、ユーロ/ドルに関しては
じりじりと右肩下がりに下げてきて、3回目の下落シグナル発生となったので、
ユーロ円の売りポジションは持っててもいいのかな?と思える状況です。

ターゲット自動計算でも、1.05台半ばが出ていますが、このチャート形状だと長い目でみたら、為替王さまの言われる、1.02台突入もあり得るのかな?と思ってきますね~。

ユーロ円、微妙?

ユーロ円が微妙ですね。売買ジャッジは黒に変わりましたが、シグナルはギリギリでてない…

やっぱりユーロ円は下落方向に。P.S.重大発表…

昨日はダマシに遭ってしまったか!?と思いましたが、
今朝、2倍枠でも明確に下落シグナルがでました。

みなさまも、お手元の秘伝チャート自動作成マクロで作成したチャートは確認されたでしょうか?
ユーロ円2倍枠です。


はっきりとシグナルが出てますね。それにもまして、
ターゲットまで4円も下落するのか!?
と、驚いております。

基準枠でも125円台のターゲットで、約2円分下落するシグナルがでてますから、やっぱりこのチャンスはものにしたいですね。


P.S.

そして…
みなさまへ、ビッグニュースです。

今年初めのお正月に、日経225バージョンをリリースしましたが、
ついに待望の「NYダウバージョン」がリリースされます。


これで、FX28通貨ペア、日経225、NYダウと相場分析ツールは勢ぞろいします。
あとはチャンスを狙って、大儲けするだけ。

この文章を書いてる僕がニヤけてしまいます。(爆)


使ってみたい!という方は、
メールの題名に「禁断のマクロ希望」とお書きになって
下記のあて先までメールください。
お試し版ダウンロードURLをメールにてご案内いたします。

メールのあて先: kawaseohji◎gmail.com
(◎を半角@に置きかえて送信してください。)

ユーロ円が微妙な状況に…

ユーロ円が微妙な状況になってきましたね。秘伝チャート自動作成マクロで作ったチャートを見ながら確認していきましょう。

ユーロ円、2倍枠です。


前回の下落シグナルと同じようなパターンです。基準枠では上昇シグナルが出ているのですが、
2倍枠では同じ枠に収まっているので、シグナルは出ていないものの、直近高値は上回っている状態です。

具体的にいうと、今日以降、終値で128.4円以上をつけると、2倍枠でも上昇シグナルがでるので、その場合、売りポジションは損切りして買いポジションを建てる、ということになります。

売買ジャッジもだんだん赤が縮小してきているし、んーなんか微妙ですね。僕も売りポジション持ってるので、とても気になっております。

基準枠と2倍枠でのシグナルの違い。ユーロ円

寒くなりましたね~。
でも寒さにもまけないで、今週はユーロ円で興味深いパターンが出たので、一緒に確認していきましょう。

ユーロ円、基準枠です。


先週金曜日の終値、127.683円で、きれいにシグナル出てますね。
画面では写ってませんが、BR列の上の方にもシグナルがあるので、5列で計算されています。


で、次が2倍枠です。


こちらはシグナル出てませんね?
シグナルの基準になるのが、1/12の終値、127.747円です。

基準枠では、枠1つ分下に突き出て、シグナル発生となるのですが、
2倍枠だと、同じ枠に収まってしまって、シグナル発生とはなりません。

とはいいながらも、直近安値、1/12の終値、127.747円を下回っているので
シグナル発生とみなすべき状況です。

為替王さまも1/18の記事、今日のポジションで、
ユーロ円なら目先の急落メドは、1ユーロ=124~123円台あたり。

と、書かれていますが、基準枠では全然とどかないターゲットで、
2倍枠での計算と、みることができます。

ターゲットが124~123円台、損切りポイントが128円台半ばですから、
期待できる利益が、約2.5円~3円分。逆にリスクは1円分ほど、ということで
なかなかいい条件での勝負になると思います。

長期、秘伝チャートをお手軽に作成する方法 + トルコリラ円、南ア・ランド円どこまで円高になるのか?円高メド予想

さてさて、為替相場ははじまっておりますが、今日はみなさん3連休中でしょうか。
そんな中、為替王さまのブログで大胆な円高予想が発表されました。

今日はポイント&フィギュアチャート自動作成マクロ(通称「禁断のマクロ」)で、
お手軽に長期チャートを作成する方法を紹介しながら、
トルコリラ円、南ア・ランド円の円高予想をしてみたいと思います。


それではまず、禁断のマクロ、M2Jバージョンを用意してください。
使い方(2) M2Jバージョン

そしてダウンロードするデータは
M2Jのヒストリカルデータのページから>http://www.m2j.co.jp/market/historical.php
一番下の全通貨ペア一括ダウンロードの横の「週足」をクリックします。

使い慣れてる方は、もうおわかりですね。
この禁断のマクロ、M2JバージョンはM2Jのデータから、直近200本分のデータを利用してチャートを作成しますので、そのデータに週足データを用いれば、200週分、約4年弱の長期チャートが、いつもと同じ手順で作れてしまいます。

それで作成した米ドル円の50銭枠チャートがこちら。
(クリックすると大きく表示されますが、画面の都合上、左下が切れてます。)


2014年11月に現在の120円近辺の水準まで急上昇したあと、2015年は下は117円台、上は125円台と、8円ほどの値幅で推移したのがわかります。

ここで為替王さまの記事によると…
日銀の量的緩和は(中略)第2弾(2014年秋)は、やり過ぎだと思っており(中略)そのしっぺ返しをくらって(中略)、それ以前の状態に戻るとすれば、偶然ですが、1ドル=105円やそれ以下の水準に戻ることは、何ら極端な予想でもなんでもなく、年内に普通に起こり得ることだと思います。(2016年1月11日、今日のポジションより。)

えっ!年内に10円以上も下落する!? なら、マイナススワップもなんのその、
今から米ドル円を大量に売り浴びせましょうか!?


気になる、トルコリラ円、南ア・ランド円どこまで円高になるのか?

スワップ狙いで、トルコリラ円、南ア・ランド円を保有してる方も多いと思います。
こういう円高予想がでると気になりますよね。(僕も含めて。)

ここでは、対ドル相場(USD/TRY、USD/ZAR)は、そのままだと仮定して
円高予想値を計算してみたいと思います。

先週のM2Jの終値データ(USD/JPY=117.39円、TRY/JPY=38.83円、ZAR/JPY=7.18円)より計算してみます。
まず、
USD/TRY=3.023、となり、ここでUSDが105円になった場合を計算しますと…
105/TRY=3.023ですから、これを計算しますと、TRY=34.733円
同様に南ア・ランド円も、
USD/ZAR=16.349、となり、これもUSDが105円になった場合…
105/ZAR=16.349ですから、ZAR=6.422円となります。

と、いうことで対ドル相場が変わらないという仮定で、米ドル円の円高が進むと、
トルコリラ円は34円台、ランド円は6.4円台まで円高が進む、と予想されます。

ところが、禁断のマクロ、セントラルバージョンでは、USD/TRY、USD/ZAR相場も見ることができますが、昨年末からガンガン売り込まれてますから、2016年は上記の予想値よりもさらに下げることが予想されます。

売りヘッジするか、損切りしてポジション減らすか、なにか対策が必要かも。

豪ドル円、豪快に下げましたね~。

みなさん「豪ドル円でガッチリ~
いけましたか?

僕はいつものごとく第1ターゲットで利益確定したので、
ほんの100pipsほどしかとれてませんが、
正月明けのいいお小遣いになりました。(^^)

しかし、為替王さまは1/5の記事で
「豪ドル円は先月後半の保ち合いから崩れたことにより、最大で84円近辺へと下落が拡大する可能性も…」と書かれてましたが、昨日の終値(82.426円)は、84円を大きく下回って、かつ、売買ジャッジも真っ赤。ボリンジャーバンドも-1σを大きく下回ってるので、まだまだ下がりそうな気配ですが…。

このブログ記事を書いてる10時半現在では、83円台半ばまで、約1円ほど戻しています。

売られ過ぎと判断して、買い準備にまわるか、それかさらに売り浴びせるか。
判断が迷うところですね。ん~。

2016年、みなさまへのお年玉!

2016年、あけましておめでとうございます。

今日は、みなさまへのお年玉として、「禁断のマクロ」新バージョンを用意しました!!


ついに待望の日経225バージョンの登場!
そして禁断のマクロにもボタン搭載で、マクロ起動が簡単に!



今までは、表示>マクロ>マクロの表示と、メニューをたどっていってもらっていたのですが、
ついにボタン搭載で、マクロ起動がさらに簡単になりました。

新しくできた、日経225バージョンや、M2Jバージョンもデータ読み込みが
ファイル選択形式になったので、初心者の方でも簡単に使えるようになりました。


使ってみたい!という方は、
メールの題名に「禁断のマクロ希望」とお書きになって
下記のあて先までメールください。
お試し版ダウンロードURLをメールにてご案内いたします。

メールのあて先: kawaseohji◎gmail.com
(◎を半角@に置きかえて送信してください。)

関連記事
禁断のマクロ「ver.703」の特長
禁断のマクロ「ver.703」の動作環境、基本設定など
使い方(1) セントラルバージョン
使い方(2) M2Jバージョン
使い方(3) 日経225バージョン
使い方(4) 汎用バージョンで米ドル円長期チャート作成
使い方(5) 汎用バージョンで日経平均の長期チャート作成
Sheet1、一覧表の見方



2016年01月04日 | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

日経225バージョンの使い方

みなさま、お待たせいたしました!待望の日経225バージョンの登場です!
基本的な使い方は、M2Jバージョンと同じです。(M2Jバージョンを改造したものです。)
ファイル名: pfc3_nik225_v704.xlsm。(お試し版は、pfc3_nik225_v704test.xlsm)


使い方は基本的に同じです。データを読み込ませて、チャートを描く。


Step 1
データを「日経平均プロフィル-日経の指数公式サイト-」からダウンロードする。

「指数一覧」のページから、http://indexes.nikkei.co.jp/nkave/index
「ダウンロードセンター」をクリックし、
日経平均株価の日次データのところのアイコンをクリックします。

20160102img3.png



クリックすると、開くか、または保存しますか?と聞かれますので、
CSV形式のまま、いったん保存してください。


するとダウンロードフォルダなどに、下記のような名前のファイルがあると思います。
nikkei_stock_average_daily_jp.csv


ちゃんとダウンロードできていることが確認できたら、次のステップでデータを読み込ませます。



Step 2
Sheet1のデータ読込ボタンを押す。

禁断のマクロの「Sheet1」を見てください。
データ読込ボタンがあると思いますので、これを押してください。




するとファイル選択画面が出てきますので、先ほどダウンロードしたファイルを選択し、
下の「開く」ボタンを押すと、ほんの一瞬でデータ読み込みが完了します。




ちゃんと読み込まれているか、確認してみましょう。

禁断のマクロのNIK225シートを開いて、201行目のI列と、M列のセルを見てください。
ダウンロードセンターから取得した株価データの最新行と同じでしょうか?
同じであれば正常にデータ読み込みが完了していますので、次のステップに移りましょう。

※このマクロは、ダウンロードセンターのデータファイルから、最新行を検索し、
そこから過去200日分の終値データのみを取得し、読み込むようになっています。



Step 3
データ読み込みが、無事終わったら「チャート描画」ボタンを押す。


すると、ほんの10秒足らずでチャートが描き終えると思います。


途中でエラーなどが出た場合や、うまく動かない場合などは、下記までメールください。

メールのあて先: kawaseohji◎gmail.com
(◎を半角@に置きかえて送信してください。)


関連記事
禁断のマクロ「ver.7xx」の特長
禁断のマクロ「ver.7xx」の動作環境、基本設定など
使い方(1) セントラルバージョン
使い方(2) M2Jバージョン
使い方(3) 日経225バージョン
使い方(4) NYダウバージョン
使い方(5) 汎用バージョンで米ドル円長期チャート作成
使い方(6) 汎用バージョンで日経平均の長期チャート作成
Sheet1、一覧表の見方

 | HOME |