ポイント&フィギュアチャート(秘伝チャート)自動作成プログラム

カテゴリ

検索フォーム

最新記事

読め!

オススメ

プロフィール

月別アーカイブ

タグ

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

QRコード

GW!マクロ特別公開!!

みなさん、お待たせしております。「ver.700」は、もう少し先になりそうですが、
お問い合わせが多いので、現行最新バージョンの禁断のマクロ「ver.600」お試し版を、
特別公開いたします。

この「禁断のマクロ」は、すべての為替王ファンに贈る、
秘伝チャート(ポイントアンドフィギュアチャート)
+売買ジャッジ(MACD改)を自動作成する、エクセル用のマクロです。

このポイント&フィギュアチャートは手書きで作ると、けっこう手間がかかるんですよね。
せいぜい2~3通貨ペア分、作成するのが精一杯じゃないでしょうか?
しかし、そんな苦労とも、もうおさらばです。


使ってみたい!という方は、
メールの題名に「禁断のマクロ希望」とお書きになって
下記のあて先までメールください。
お試し版ダウンロードURLをメールにてご案内いたします。

メールのあて先: kawaseohji◎gmail.com
(◎を半角@に置きかえて送信してください。)

スポンサーサイト

米ドル円と、トルコリラ円。

さてさて、今週もはじまりましたね。
と、いいますか、皆さまはGWですか??
日本はGWでも為替相場は動いてますので、いつものごとくチャートを確認していきましょう。

まずは、GW円高が心配される、米ドル円。


為替王様のブログを引用させていただくと、
「レンジ相場(保ち合い相場)が続いているとの認識で、ただ、今週も、そのレンジが続くというよりは、レンジから下抜ける可能性を警戒したい状況になっていると判断します。」

まさにチャートを見てもその通りで、なんとか118.9円台で踏ん張っております。
しかし売買ジャッジがまっ赤ですし、GW円高の法則を信じるとするならば、ここから崩れるんだろうな、というのは簡単に予想できます。


それよりまずいのが、トルコリラ円。
トルコリラ円基準枠です。


これは・・・ゲームで敵に大技決められた時の敗北感みたいなものがありますね。
(うわっ、ヤバッ、残り体力どうなんだろう??みたいな・・・)

逆に売りポジション持ってる方は勝ち誇った、満面の笑顔でしょうけど・・・。

為替王様もハッキリ「ズバリ1リラ=42円台です。」と書かれていますが、上の画像にあるようにせのび(垂直)計算で、42.111円が下落ターゲットになります。

昨年からトラリピスタートした方で、為替王さまと同じ100万円で、5銭刻みの設定なら、もう完全にロスカットでしょう。すでにあるポジションを損切りしたり、注文を間引て間隔を広げないとヤバいでしょう。

打ち回しも、同じ水準まで上げないと利益がでないので、チャートをさかのぼって見てみると、昨年12月に天井をつけてから、下落トレンドが約5か月続いてるわけですから・・・。GW明けてすぐに上昇トレンドが来たとしても、同じ水準に戻るのに5カ月かかると想定した場合、ポジションがさばけるのは10月以降ということになりますしね。

GWの円高のあとは、お盆の円高も毎年のようにありますし。
設定に余裕のない方は苦しい時期です。

なんとか乗り越えて、相場の損は、相場で取り返していきましょう!

米ドル円の微妙なシグナル。

米ドル円で微妙な兆候がでております。

チャートを確認してみましょう。
米ドル円基準枠です。


明確な下落シグナルではない、ワクは超えてないのですが、4/3の終値は下回っているので、下落シグナルとみなす。というところでしょうか。為替王さまも「非常に微妙ではありますが、」と書かれているところですね。
今週の展開に注目です。


P.S.
ポイント&フィギュアチャート自動作成マクロ、
ただいま開発中ですので、もうしばらくお待ちください。

ユーロ、ポンド、そして・・・欧州通貨軒並み下落シグナル。

みなさん、お手元のポイント&フィギュアチャート(秘伝チャート)+売買ジャッジ自動作成マクロを起動してください。今朝は欧州通貨で軒並み下落シグナルがでています。

その中でも代表的なユーロ/ドルと、ポンド/ドルを見てみましょう。
ユーロ/ドル2倍枠です。


自動計算では4列になっていますが、この場合は6列で計算したいところです。
すると1.07382-0.036=1.03782 となり為替王さまの予想と一致します。


次に昨日も書いた、ポンド/ドルも見ておきましょう。
ポンド/ドル2倍枠です。


ホレぼれするようなシグナルですね(^^)
ただの下落シグナルだとダマシかな?なんて思ったりしますが、こちらは3月中旬からのサポート帯、1.47台前半も明確に割り込んでますから、こちらの方がキョーレツに下がるんじゃないでしょうか。


そして最後にもう一つ、僕が注目している通貨ペアがあります。
それは・・・スイスフラン。対円のCHF/JPYと、対ドルのUSD/CHFです。

チャートは載せませんが、どちらもスイスフラン下落のシグナルが出ています。
みなさんお手元のポイント&フィギュアチャート(秘伝チャート)自動作成マクロで確認してみてください。

来週の月曜日には「欧州通貨軒並み下落」「米ドル独歩高」なんてニュースが流れるんでしょうか。
相場が大きく動き出しそうですので、しっかりついていきましょう。

米ドル円とポンド。

しばらくご無沙汰しておりました。
相場が動かないと、我々トレーダーはヒマですね。
と、言いながらも昨日米ドル円で上昇シグナルがでましたので、チャートをチェックしておきましょう。

米ドル円、基準枠です。

自動計算では120.71円のターゲットが出ていますが、実際には前回のはダマシなので、4列分で計算したいところですね。すると為替王さまも言われるように、121円台前半のターゲットがでます。
売買ジャッジも黒ですし、昨日からじわじわ上がってきてますから、121円乗せくらいは行くんじゃないでしょうか。


それよりも、もうひとつ注目なのが、為替王さまも書かれている、ポンド/ドルです。
こちらもチャートを確認していきましょう。

ポンド/ドル2倍枠です。

たまってますね~。このまま上昇シグナルが出たとすると0.002x3x7列=0.042分の上昇エネルギーが。反対に下落したら8列分で0.048分のエネルギーがたまっていますので、値幅にすると軽く400pipsは狙える、という状況になります。
さぁ~どちらに動くでしょうか・・・。

 | HOME |