秘伝チャート(ポイント&フィギュアチャート)+売買ジャッジ自動作成マクロ

カテゴリ

検索フォーム

最新記事

読め!

オススメ

プロフィール

月別アーカイブ

タグ

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

QRコード

ユーロ、豪ドル、カナダドルで売りシグナル。

米ドル円は粘ってるんですが、ユーロ、豪ドル、カナダドルで売りシグナルがでてしまいました。下の一覧表をご覧ください。今、開発中の「ver.504」の一覧表です。


みなさんのお手元にある「ver.503」では、シグナルが出た場合、ただ単に「0」が表示されるだけでしたが、今、開発中の「ver.504」では、日付と何回目のシグナルか、が表示されるようになり、背景にも色がつきます。

上の画面の場合、EURUSD1では、2/26の終値で1回目の売りシグナル点灯。AUDUSD1の場合は同じく2/26の終値で2回目の売りシグナル点灯。という意味になります。


こうやって各通貨を一覧表で見わたすと、売買ジャッジの数値はまだ黒ですが、ユーロ、豪ドル、カナダドルで売りシグナルがでてしまいました。

その中で興味深いのは、ポンドが米ドルと同じく粘っている点。
またNZD/USDに関しては買いシグナルが出ている点。この2点です。

最近のポンド円は米ドル円と似た動きをするようで、それで粘っているのでしょうか?また今まで豪ドルと似た動きをすると言われていた、NZドルも最近はその傾向が違ってきているのでしょうか?

こういう秘伝チャートと売買ジャッジが逆向きだと素直に売りにいけないというか、難しいですね。それに今夜と明日と、どちらも日本時間で22:30にアメリカの重要経済指標発表もありますし。んーどうしたものやら・・・。
スポンサーサイト

今週は為替相場が大きく動くかも?

今週は為替相場が大きく動くかも?
ということを為替王さまは書かれていますが、どうなりますでしょうか。
僕なりの見方を書かせていただきますと・・・


米ドル円は基本上向きで、
ハッキリ書いてしまいますが、102.62円を終値で超えるかどうかが焦点になるところです。


ユーロは、ユーロ円で週末に買いシグナルが出ました。
ユーロドルはちょっと押し戻されていますが、2倍枠では買いシグナル継続中なので、基本的には上昇を期待したいところです。


ちょっと冴えないのがポンド
ジャッジの数値が下がってきてるのが気になるところです。


豪ドルは微妙な状況です。
AUD/USDで週末に売りシグナルが出てしまいました。ジャッジも赤に転落しそうですし・・・。しかし豪ドル円(AUD/JPY)は、米ドル円のおかげか、まだ元気がありそうな感じです。


NZドルも、豪ドル影響を受けるか、米ドルの影響を受けるのか、
まだどちらのシグナルも出てないですが、微妙な状況ですね。


スイスフラン円は為替王さまと同じで、上昇期待継続です。


最後に2/19に売りシグナルの出た、カナダドル円は、金曜日にターゲットにほぼ到達。今後は反発+保ち合いかな?という見方です。


全体的になんかハッキリ方向感が出ない相場状況ですね。
2/4の米ドル円みたいに、明確なシグナルが出て、ズバッと、1~2日くらいでターゲット到達なんて面白い相場になればいいんですけどね~

禁断のマクロお試し版公開、再開しました。

先日2/14から「禁断のマクロ」のお試し版の公開を再開しました。
今回、マクロ内部の構造を見直ししただけですので、仕様などは変わっておりません。

僕にとっては、ソースコードがすっきりしたぶん、今後の改良や新機能などを追加しやすくなった、という改良です。

また、YouTubeにマクロ動作中の映像を公開しましたので、興味ありましたら一度ご覧ください。

YouTube>ポイント&フィギュアチャート自動作成マクロ


「ver.503」になってから、しばらくお試し版公開を止めていたので、使ってみたいと思っていた方には、しばらくお待たせいたしましたが、しばらく公開しておりますので、メールの題名に「禁断のマクロお試し版希望」とメールいただければ、ダウンロードURLをお知らせいたします。

メールのあて先: kawaseohji◎gmail.com
(◎を半角@に置きかえて送信してください。)

豪ドル円、到達したようですね。

豪ドル円が第2ターゲットまで到達したようですね。
僕は今回は様子見でしたので、このチャンスはものにできませんでした(泣)
こういったことで一喜一憂するところが、まだまだなんでしょうか・・・

南アフリカランド/円もターゲット到達目前だとか。
ポイント&フィギュアチャート自動作成マクロは、南アフリカランド/円の他、15通貨ペアのチャートも描いてくれるのですが・・・。正直、チェックしていませんでした。

だいたい、いつも見てるのは主要通貨、USD、EUR、GBP、AUD、NZDの対円、対ドル相場くらいなんですが、最近は為替王さまのブログでも、カナダドル/円や、スイスフラン/円の話題もでてきていますので、南アフリカランド/円とあわせてチェックしていこうと思います。

チャンスを見逃さないために作ったマクロを僕自身が活用できていないなんて・・・まだまだ富裕層への道は遠いみたいです。

豪ドル円の反発で買いシグナル!?

昨日は、一昨日の急落の反発がありました。
豪ドル円も反発し、買いシグナルがでましたが・・・、
チャートを確認してみましょう。


為替王さまは「強気に見るならば(中略)92円の水準を回復するシナリオが考えられると思います。」と書かれていますが、・・・んー、これは反発が強すぎてシグナルが出ただけでは?ダマシじゃないかなと思うんですが・・・どうなんでしょう。僕は豪ドル円は様子見でいきたいです。

USD/JPY、決まりましたね!

昨日、USD/JPYで下落シグナルがでて、わずか1日でターゲット到達!
今回は水平(だんご)計算でも、垂直(せのび)計算でも、ほぼ同じターゲットがでていましたので、為替王さまもよほど自信があったのか、2/3の記事の中で、
”もっと細かくいえばズバリ100.7円前後”
と、明言しておられましたね。

では、チャートも確認しておきましょう!


もう説明不要ですね。
ポイント&フィギュアチャート自動作成マクロ(通称:禁断のマクロ)の、自動ターゲット計算機能でも100円70銭台のターゲットがでています。垂直(せのび)計算でも同じような水準のターゲットが計算できると思います。

僕は102.10円で売り、ターゲット少し手前の100.90円で利益確定しましたので、1円20銭分、GETできました!ごちそうさんです(笑)

そのかわり、NZドル円でトラリピもやっているのですが、そちらは含み損が膨らんでいますが・・・まぁなんとかなるかな。

今後もターゲット到達後の反発など、あるかと思いますが、しっかりチャート見て稼いでいきましょう!

通貨ペア拡大版をリリースしました。

しばらくご無沙汰しておりました。

皆さまから追加のリクエストが多い通貨ペア、カナダドル、スイスフラン、香港ドル関係の5通貨ペア(CAD/JPY,USD/CAD,CHF/JPY,USD/CHF,HKD/JPY)を、追加したバージョン(正式版のみ)をリリースしました。

M2Jからデータを読み込んだ場合、データがない通貨ペアの場合、
USD/CADは、USD/JPYの値をCAD/JPYで割った数値となっています。またCHF/JPY、USD/CHFはデータがないので描きません。

こんなにたくさんいらない!
という方には、Sheet1の枠設定に数字のゼロ「0」を入力しておいていただくと、そのチャートはスキップして描きませんので、うまく使い分けていただいたらと思います。

最近、為替王さまのブログでもスイスフラン/円などの話題が多いので、皆さまもチャートを確認したい!と思い、リクエストが増えてきたのではないか、と思っております。



禁断のマクロの今後・・・

今、この禁断のマクロ、WEB化できないものか?と考えております。
毎朝、決まった時間、セントラル短資さんのデータが更新される7時半過ぎに、このプログラムが自動で動き出し、データ取得、秘伝チャート&売買ジャッジ作成、そしてその結果をHTML化する。そういったことができないかな?と。

JavaやFLASHが不要な、HTML化することで、忙しい朝に、通勤途中でもスマホやタブレットでチャートを確認できる。というものができないかなと考えております。

僕の技術と知識がどれくらい追いつくか?という問題があるので・・・
このWEB化はあまり期待しないでおいてください(爆)

 | HOME |