ポイント&フィギュアチャート(秘伝チャート)自動作成プログラム

カテゴリ

検索フォーム

最新記事

読め!

オススメ

プロフィール

月別アーカイブ

タグ

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

QRコード

ギリギリ円高ターゲット到達!利益確定できた皆さま、おめでとうございます!

為替王さまのブログで、円高ターゲット到達、勝利宣言が出ていますが、皆さまは無事利益確定されましたでしょうか?

今回、急な下落だったためか、各社で差があったみたいで、6/14の安値は、M2Jのデータでは、108.67円。セントラルさんのデータでは、108.792円。その差、0.12円。

僕は裁量トレードはセントラルさんでしていまして、108.8円で利益確定の指値をしていたのですが、ヒットしませんでした。これはヤバイと思って、スマホから指値をキャンセルし、成行きで決済。109円付近で無事利益確定しました。M2Jさんならヒットしてたんでしょうけど。

当初のターゲットと10銭ほど、枠で言うと1枠違いなので、ターゲット到達とみなしていいのでしょうが、今回のトレードは微妙でした。確実に利益確定しようと思えば、各社のスプレッド+1枠か2枠くらい手前で利益確定するのが着実な方法になるのかな。

とりあえずは、1円40銭分ほどモノにできましたので、今回無事利益確定できた皆さま、
おめでとうございます!



2017/06/05今週のポジション

6月最初の週、ちょっと円高で終わりましたね。またポイントアンドフィギュアチャート自動作成プログラムで描いたチャートを見ながら確認していきましょう。

米ドル円、基準枠です。


ちょうど、先週の終値で2回目の下落シグナルが出てるのは気づいておられましたか?自動計算では3列になってますが、BM列までの、7列で計算すると、108円60銭台のターゲットがでますよね。為替王さまも「108円台に向かう可能性は比較的高い」と書かれておりますように、とりあえずの目標、ターゲットは108円60銭台ということになります。

スプレッドとか確実に利益確定するために、少し手前の108円80銭を目標とすると、終値付近でエントリーした場合、期待できる利益は1円60銭分。逆に動いた場合、損切りラインが111.371円なので、そこから計算できるリスク、想定される損失は約1円分ということになります。

期待できる利益は1円60銭分。想定される損失は約1円分。今年の大きな流れも円高方向なので、順張りのいい勝負、儲けやすいチャンスと思いますが、さぁ、どうなりますでしょうか。

2017/05/22今週のポジション

先週は、突如、ドル円の急落が発生しましたが、今週はどうなるのか?ポイントアンドフィギュアチャート自動作成プログラムで作成したチャートを見ながら確認していきましょう。

米ドル円、2倍枠です。


為替王さまがブログで書かれているように、110円台の重要な節目にラインを引いてみました。
ま、わかりやすいですよね。このラインを下回ると、また下落シグナルがでるので、そうなると、6列以上の計算式になりますから、108円台がターゲットとして出るとの予想になります。



では、次にユーロ円、こっちは基準枠


こっちも、123円台半ばに節目があるので、これを下回ると下落シグナルが出て、最大120円台まで下げるのでは?という予想がでてきます。さぁ、今週どうなることやら。

2017/05/15今週のポジション

さて今週の相場はどうなるでしょうか?ポイント アンド フィギュアチャート自動作成プログラムで描いたチャートを確認していきましょう。

まずは米ドル円、基準枠です。


わかりやすいチャートですね。上は114.285円、下は112.451円がポイントになってます。2倍枠や売買ジャッジでは他のポイントもあるそうなので、そこは各自お手元のチャートを確認しておいてください。


それよりも気になるのが、NYダウ
NYダウのポイント アンド フィギュアチャートを確認していきましょう。


ちょうど下落シグナルが出たところですね。自動計算だとBE列のダマシのシグナルから2列計算されますが、これはこの形状だったら4列計算ですよね。すると為替王さまの言われる通り、20600ドル台のターゲットが出てきます。BC列で一方的に上昇してきたので、それくらいは調整入るかな?と、言ったところでしょうか。今週NYダウは要注意というところです。

2017/05/08今週のポジション

GWも終わって、また今週から普段どおり分析をしていきましょう。ではポイント&フィギュアチャート自動作成プログラムで描いたチャートを確認してみましょう。

米ドル円、2倍枠です。(クリックすると大きく表示されます。)


為替王さまのブログでは円安ドル高方向のポイントや、円高ドル安方向のポイントが書かれていますが、こうやってラインを引いてみるとわかりやすいですよね。ちなみにこれはエクセルに標準で備わってる描画ツールでラインを引きました。

反発の勢いがなかなかいいということで、今後は上の赤いラインを超えるかどうか、というところが注目点になると思います。

今回は僕なりの活用法ということで、こうやってラインを入れたりしたチャートは、別ファイルにして保存して、後でチェックしてたりします。こうやっ過去のファイルも合わせて分析していくと、相場が動いたときに、各ポイントが明確になっているので、判断に迷わなくていいと思います。