ポイント&フィギュアチャート(秘伝チャート)自動作成プログラム

カテゴリ

検索フォーム

最新記事

読め!

オススメ

プロフィール

月別アーカイブ

タグ

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

QRコード

為替も株も、ちょっと流れが変わってきたのか?2019/03/11今週のポジション

先週末、株も為替も下げましたが、チャート上ではどうなのか?落ち着いてチャート分析していきましょう。

まずは米ドル円0.1円枠から。


こうやって落ち着いてチャートを見てみると、買いシグナルが出たポイント付近まで戻ってきた。ということがわかります。ですので円高トレンドに変化したと言うのはちょっと早いかなと。(でも変化しそうな雰囲気はありますが、、、)
ですので、もし売りシグナルが出た場合は、すぐに売りにいけるよう準備しておきたいところです。



次にユーロ円0.1円枠。


僕がユーロ円の記事を書くのは珍しいですが、この場合、売りシグナルは出ていますが、124円台のサポート帯まで戻ってきたようなチャート形状です。この124円台が分厚いので、なかなか下抜けないと思われますので、今売りにいくのは時期尚早かも。しかし124円台を下抜けた場合は、けっこうビッグチャンス!?ガッツリと下げるような展開になりそうなので、その時が来たら売り浴びせましょう。



次に豪ドル円0.1円枠


これもユーロ円と似たようなチャート形状で、売りシグナルは出ていますが、77円台後半~78円台のサポート帯まで戻ってきた形です。この77円台後半を下抜けるとビッグチャンス到来!となりそうです。



最後に日経平均。


これも売りシグナルは出ていますが、まだ上昇トレンドの中の一服程度と見ることができます。為替王さまの記事にもありますように「日経平均単独ではそれほどの下落エネルギーは見当たらないので、大きく下げる場面があれば、それはチャンス(中略)」という見方でいいと思います。


ということで、大きなチャンスが来そうな雰囲気もありますので、
チャートチェックは毎日マメにしていきましょう!

スポンサーサイト

ポイント&フィギュアチャート自動作成プログラム<New !!> ver.822 登場!

無知の弊害
これが、P&Fを知らない
トレーダーの限界なのか?



<実績(過去の記事)>

月曜日に117円台で米ドル円を売って、火曜日に115円台で買い戻して、この2日間で値幅2円も獲得!

シグナルが出た日(中略)買ってたならば、もう2円50銭分ほど利益がでています。

こういう確立の高い、儲けやすいシグナルを見逃さずに、しっかりものにしていきたいですね。

【動画】北朝鮮問題(核実験、ミサイル発射)に振り回されながらも、しっかり利益を出すことができました。


FXでは、どうやっても儲けられない!
と、あきらめていませんか?

以下のうち、1つでも当てはまれば、このポイント&フィギュアチャート自動作成プログラムがお役に立てます。

◇いろんな情報を見ているが、何を信じていいのか迷ってしまう。
◇相場の本当の動きが知りたい。
◇いろんなチャートを試してみたが、結局わからなくなってしまう。
◇収入やお金、経済的な不安をなくしたい。
◇この先、ずっと儲け続けられるようになりたい。



使ってみたい!という方は、
下のフォームにメールアドレスを入力し、
送信ボタンを押してください。
無料の、お試し版ダウンロードURLをメールにてご案内いたします。







*うまく送信できない場合は、
メールの題名に「禁断のプログラム希望」とお書きになって
下記のあて先まで直接メールください。

メールのあて先: kawaseohji◎gmail.com
(◎を半角@に置きかえて送信してください。)



開発者からのごあいさつ
私の想いを聞いてください。

私がFXをはじめた2008年は、リーマンショックもあり、私自身も大損した経験があります。
その時、インターネットや、新聞や雑誌の記事、また各種のセミナーなどに参加し、相場分析を勉強していましたが、その時の講師や先生に疑問を持つことがたくさんありました。

この講師や先生たちは儲かっているのだろうか?
その講師や先生たちの手法を真似してみても、儲かることなどほとんどなく、その後も、悶々とする日々が続きました。

その後も、私は、40件以上のテクニカル分析を検証、バックテストした中、ターゲットや損切りポイントが明確で、勝率もそこそこ高く、利益を最大限に高められる方法にたどり着きました。それがこのポイント アンド フィギュアチャートを利用した方法です。

現在、私のもとには、以前の私のように、巷にあふれる情報に振りまわされ、損をだして苦しむ方々が多くいらっしゃいます。そんな方々のために、この手法を公開したいと思います。

ポイント&フィギュアチャート自動作成プログラム開発者
為替王子







<選ばれる5つの理由>

1、
25通貨ペア × 3種類の枠設定=
75枚のチャートを数分で描きあげます。


巷によくあるポイント&フィギュアチャートを描くソフトは、いちいち通貨ペアの選択、枠の設定や他のパラメータの設定をしてから、やっと1枚のチャートを描きますが、このポイント&フィギュアチャート自動作成プログラムは、主要な25通貨ペアと、各3種の枠設定で、75枚のチャートを数分で描きます。もちろん設定の変更も可能です。

作成できる通貨ペアは、USDJPY、EURJPY、EURUSD、GBPJPY、GBPUSD、CADJPY、USDCAD、AUDJPY、AUDUSD、USDCHF、NZDUSD、EURGBP、NZDJPY、CHFJPY、EURCHF、ZARJPY、GBPCHF、AUDCHF、AUDNZD、NZDCHF、CNHJPY、EURAUD、TRYJPY、GBPAUD、MXNJPY、の25通貨ペア。

上記の25通貨ペア × 3種類の枠設定=75枚のチャートを数分で描きあげます。


2、
ターゲットの自動計算。
前回のシグナルからの水平(だんご)計算と、垂直(せのび)計算のターゲットが、
計算式と同時に表示されます。


下の画面では、5/22(金)終値で、出た上昇シグナルのターゲットが表示されています。
1行目がターゲットが出た日付と、その日の終値。
2行目、3行目が水平(だんご)計算での計算式と、ターゲット122.204が表示されています。
その下には、垂直(せのび)計算での計算式と、ターゲット123.214が表示されています。




3、
また、チャートの折り返し地点には、
日付と折り返した値が表示されます。


折り返し地点の値が表示されないソフトが多いのですが、
それだと、いちいちデータをさかのぼって確認しないといけません。
そういう手間を省くために、チャートの折り返し地点には値が表示されます。
これによって、ターゲット計算や損切りポイントなどが
明確にわかるようになります。



いつも言いますが、このポイント&フィギュアチャートは
シグナルが出た時の、チャートの形状が重要で、
自動計算のターゲットだけに頼るのではなく、

みなさん自身でもターゲット計算していただいて、
どんな局面でも利益を出せるようにしていただきたいと思います。



4、
一覧表で簡単シグナルチェック!

今までは、チャートができあがった後、

シグナルは出ているのか?
チャートの形状はどうか?

など、各シートを1枚1枚確認していかなくてはダメでした。


そうした手間を省いてくれるのが、チャートの重要項目を、
一覧で表示している「Sheet1」のH列~L列の部分です。

これによって、全部のチャートを確認しなくても、
まずは、一覧表でシグナルが出ているのか確認する。
気になる変化があれば、その通貨ペアのシートを確認する。

と、いうふうに毎朝の相場チェックが、かなり楽になりました。

具体的には、別ページで説明していきます。



5、
手間と時間の大幅な短縮と、チャンスの増大!

このプログラムを使えば、24通貨ペア × 3種類の枠設定=
72枚のチャートがほんの数分でできあがります。

本当はもっといろんな通貨ペアもチェックして投資のチャンスを得たい!
と思っていた方や、毎朝のチャート作成に追われていた方には、
最高のものが出来上がりました。

あなたがすることは、ファイルを開いてから、
わずか、2クリック だけ。






使ってみたい!という方は、
下のフォームにメールアドレスを入力し、
送信ボタンを押してください。
無料の、お試し版ダウンロードURLをメールにてご案内いたします。







*うまく送信できない場合は、
メールの題名に「禁断のプログラム希望」とお書きになって
下記のあて先まで直接メールください。

メールのあて先: kawaseohji◎gmail.com
(◎を半角@に置きかえて送信してください。)





<あなたには3つの道があります。>

1つ目は、
このまま何もしないで、金銭的、経済的不安を抱えながら、あきらめてしまう道。

2つ目は、
他の、あやしい手法に「無料だから」「安いから」「何となく」と言った理由で、お金と時間をムダに使い、いつまでたっても儲けることができないでいる道。

3つ目は、
荒れ狂う相場環境でも真正面から向き合い、他のニュースやアナリストの情報に翻弄されることなく、自分自身で相場分析をして、しっかりと儲けていく道。




あなたが、どの道を選んでも自由です。 しかし、よく考えてみてください。
今後も今の状況に我慢をし続けながら歩んでいく人生でいいのですか?迷いなく「NO!」と即答できたのであれば、いますぐ



下のフォームにメールアドレスを入力し、
送信ボタンを押してください。
無料の、お試し版ダウンロードURLをメールにてご案内いたします。







*うまく送信できない場合は、
メールの題名に「禁断のプログラム希望」とお書きになって
下記のあて先まで直接メールください。

メールのあて先: kawaseohji◎gmail.com
(◎を半角@に置きかえて送信してください。)




 

皆さまからのご質問のお答え。と、使い方サポート(チャットワーク)終了のお知らせ。

使い方サポートのチャットワークが、ほとんど利用されていないので、この度、終了することにしました。今後、ご質問はブログ上でお答えしていきたいと思います。

では、さっそく、、、
(お名前はイニシャルにしております。)
--------------------
Tです。前回は丁寧に教えていただきありがとうございます。また質問があります。
0.1枠、0.2枠、0.5枠の中では、普通は0.1枠から順番にシグナルが出るものなのでしょうか。シグナルが順番に出るごとに、シグナルの確実性が高まるのでしょうか。
judgeの数字については、だいたいのとらえ方としては、0.1以上が勢いがある、0〜0.1がやや弱い、マイナスが弱いくらいで考えればよいでしょうか?よろしくお願い致します。
--------------------


>0.1枠、0.2枠、0.5枠の中では、普通は0.1枠から順番にシグナルが出るものなのでしょうか。

だいたいはそうですが、0.1枠と0.2枠が同時に出たりする場合もあります。



>シグナルが順番に出るごとに、シグナルの確実性が高まるのでしょうか。

「シグナルが順番に出る」ということが、どのようにイメージされているのかがわかりませんが、同じ方向のシグナルが出るたびにターゲット到達確立は下がっていきます。
つまり、0.1枠で、1回目のシグナルが出たとき、ターゲットも同時に計算できますが、それが一番到達確立が高くて、2回目3回目とシグナルが連続するたびに到達確立は下がっていきます。ですので、1回目のシグナルを見逃さないのが効率よく、また優位な勝負をするコツになります。



>judgeの数字については、だいたいのとらえ方としては、0.1以上が勢いがある、0〜0.1がやや弱い、マイナスが弱いくらいで考えればよいでしょうか?よろしくお願い致します。

これは売買ジャッジ、または単にジャッジと呼んでいますので、今後はそれで統一します。
これは数字の大小ではなく、プラスかマイナスか、また変化を見ていただきたいです。例えば日経平均やNYダウなどの数値は100や200を超えるような数値になることもあります。分析対象の価格の大小でジャッジの大小も左右されるのでご注意ください。

基本的な使い方としては、買いシグナルが出たけども、ジャッジがマイナス圏ならば、勢いが弱くてターゲットまで到達しないのではないか?と判断します。その場合はエントリーするなら通常よりもポジションを小さめにするとか、もしくは見送りするのがいいと思います。

例えばこちらの記事の中に掲載されているNYドル円のチャートで、1/22に売りシグナルがでていますよね?
http://kawaseohji2.blog.fc2.com/blog-entry-337.html

売りシグナルが出ているのですが、売買ジャッジはプラスでしたので、これはあまり期待できないシグナルと言うことになります。結果これはダマシだったので、それでよかったのですが。これを売りの1回目のシグナルだ!と思って大勝負に行ってたら、大ヤケドを負うハメになってました。

このように基本はポイント&フィギュアのシグナルをメインにして、買い、または売りのシグナルが出たときに、売買ジャッジの数値を参考にエントリーするかどうか決める。というのが基本になると思います。

また皆さまもご質問などありましたら、ブログ上でお答えしますので、よろしくお願いします。

NZドル円の大幅上昇でガッチリ!2019/02/27今週のポジション

NZドル円の大幅上昇。皆さまガッチリ儲けられましたでしょうか?僕はちょっと遅れてしまって1月の終わり、75円付近からエントリーしたのですが、なかなかいい感じのチャートパターンでしたので、75.5円から、さらに2倍のポジションを買い増して76.5円で決済!
75円からの分が1.5円分。75.5円からの分が1円分 x 2倍でしたので、

各々1万通貨だと、3万5千円の利益。
各々10万通貨だと、35万円の利益。
各々100万通貨だと、350万円の利益。

を。獲得することができました。
無事、利益確定することができた皆様、おめでとうございます!


今回のNZドル円の大幅上昇につきましては、為替王様のブログ記事に詳しく書かれております。下のチャート画像を参考にしながら、読んでみて下さい。今後のトレードに絶対役立つと思います。


日経平均上限での攻防どうなるのか!?2019/02/12今週のポジション

2/8の終値で売りシグナルが出た日経平均なんですが、米中のニュースにより本日(2/12)急騰。
こんな場合こそしっかりチャート確認していきましょう。

スマホ版、日経平均、50円枠です。


2/4の終値20883.77円が直近高値で、ちょうど節目なんですが、そのすぐ手前まであがってきています。このままこの節目を超えれば、前回の売りシグナルはダマシということになり、売りポジションは損切りするハメに。。。

超えなければ売りポジションは継続。さらに証拠金に余裕のある方なら、この水準から売り浴びせるなんて戦略も「あり」だと思います。それで思惑どうり下がってくれれば、かなり大きな利益になりますし。

とにかくこの節目を超えるか超えないかが重要なポイントです。

 | HOME | OLD »»